レゴブロックで作った「夢」という漢字

タイトル通りなのですが、レゴブロックで何か漢字を作れないかと思い「夢」という漢字1文字を作ってみました。

レゴブロックで作った「夢」という漢字の画像

作ってみて気づいた事

苦労した点は、やはり漢字なのではらう所などですが、作っている最中にあることに気づきました。

漢字は、辺と辺が完全につながっている訳ではないという事実です。例えば「三」とかの漢字。

これは致命的だ!と思いました。
しかし、ここは気を取り直して「あくまでそういう風に見えればOK」という考えに改めました。

「夢」という漢字のすき間部分

まずはわたしが作ろうとしている「夢」という漢字の繋がっていない部分を抜き出してみました。

夢という漢字のすき間部分のイメージ

結構あります。

この部分にレゴブロックをつかわなければいいのですが、重力の法則がそれをゆるしてくれません。ですから当初は、写真のように白い背景をイメージして白いブロックで作ったのですが、かなり目立つのです。

次に試してみたのが、今回採用した黒いブロックです。幸い「夢」という漢字の繋がっていない部分のすき間は狭かったため、黒いブロックで辺と辺を繋げてみると意外なほど目立たないことが分かりました。

実際のイメージ

夢という漢字のすき間部分のイメージ2

漢字によっては使えない手ではありますが、目的は達成できました。